ディフェリンゲルによるニキビ治療の特徴

治療皮膚科でのニキビの治療方法も医師の方針によって異なる事があります。
そのため、どこの皮膚科でも同じ治療方法が受けられる訳ではありません。

皮膚科で受けられるニキビ治療のひとつに、ディフェリンゲルによる治療があります。

今まで皮膚科での保険が効くニキビの治療は、主に赤ニキビに効果を発揮するものが殆どでした。しかし、ディフェリンゲルはニキビの出来始めである微小面靤や白ニキビに効果があります。

そのため、ニキビが出来てしまってからの治療ではなくニキビを出来にくい肌にする為の治療がディフェリンゲルのお蔭で可能になったと言えるのです。

チェック ディフェリンゲルのニキビ治療とは

ディフェリンゲルとは、レチノイドから誘導されたアダパレンが主成分で、日本では2008年から処方薬として認可された比較的新しい治療方法のひとつになります。

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりを改善することで、皮脂を排出し毛穴の中でアクネ菌が増殖する事を防いでくれる作用があります。

思春期ニキビの8割に効果があると言われ、抗菌剤など他の薬と併用すれば、面靤・白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビと様々なタイプのニキビに効果的なのです。そんな薬が保険の適用で行えるのですから、これは実に素晴らしい事だと言えるでしょう。

ディフェリンゲルの使用方法は、1日1回必ず夜のみに使用します。洗顔後ニキビが出来ている周囲の皮膚にディフェリンゲルを塗布してください。そうする事で目に見えないニキビにも効果を発揮します。

 

ディフェリンゲルに副作用がある?

しかし、ディフェリンゲルは高い効果を発揮するものの多くの人に副作用が起こる事でも知られています。ディフェリンゲルの副作用は、肌の乾燥や落屑、赤みや火照りなどでこれらの症状は約8割の患者に見られます。

ディフェリンゲルで起こるこれらの副作用は、治療の中で避けられない事でもあるため、正確には副作用とは言えないという意見もあります。こうした副作用さえ乗り切れば、ディフェリンゲルは多くのニキビを改善へと導いてくれるでしょう。

そのためには、こうした副作用を少しでも軽減する事が出来るように対策をする事が大切です。対策として第一に行って欲しいのが保湿ケアで、低刺激なスキンケアコスメで肌を潤す事で乾燥や赤み、ほてり等の不快感を抑えることが出来ます。

ディフェリンゲルでのニキビ治療は、一時的に肌の症状が酷くなった様に見えて不安に感じる事もあると思います。だからこそ、ディフェリンゲル治療では何でも相談して精神的なケアもきちんとしてくれる医師のいる皮膚科を選びましょう。こうした症状を乗り切った先にニキビの無い肌が待っているのです。

ただし、アトピーなど肌の弱い方などで余りにも副作用が酷い場合は継続出来ない事があります。また、妊娠中や授乳中の女性も使用する事が出来ません。ディフェリンゲルは、適切な指導を行ってくれる医師の下で使用する事が必要不可欠なんですね。

ですから、ディフェリンゲルでニキビ治療をしたいと思ったら、まずは信用出来る医師探しをする事をお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ