ニキビの種類と対策法

ニキビ男女問わず肌トラブルの主なものとして挙げられるのがニキビ。
顔ニキビや背中ニキビとできる部位は違えど、ニキビそのものは同じ物体です。

そんなニキビにも種類があるのはご存知でしょうか。
大きく分けて白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄色ニキビの4種類に別れます。

また、種類によっては対策法が異なる場合もあります。
具体的にどのような違いがあるのか説明します。

4種類のニキビの違いと対策法

白いニキビ
白くぷちっとした初期段階の吹き出物を指します。
まだ炎症は起きておらず、アクネ菌の本格的な増殖が始まっていません。
毛穴の角栓の詰まりを取り除くことで改善しやすいです。

黒いニキビ
毛穴に収まりきらなくなった皮脂が空気に触れて酸化し、
黒く目立った小さなホクロのように見えるニキビです。炎症は起きていません。
ケアは白ニキビと大きく変わりません。

赤いニキビ
白や黒ニキビと異なり炎症を起こしたニキビです。
治癒した後に跡が残る可能性が出てきます。この状態まで来てしまうと重症化した皮膚炎と考えてもよさそうです。

炎症がひどい場合は外用または内服の抗生物質が用いられることになります。
誤ってステロイド剤を使用してしまうと肌のバリア機能を大幅に低下させてしまいます。

黄色いニキビ
炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、膿を持っている状態を指します。
長期化するとニキビが治癒した後にも凹凸や色素沈着が残りやすくなるので早めの対処が必要です。
この段階ではアクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌も増殖しているため、炎症が一気に拡大していく場合があります。
まずは炎症を抑えるために強力な内服抗生物質が処方されます。
より重度な場合にはステロイド剤の注射などが施される場合もあるようです。

以上、種類別のニキビの原因をご紹介しました。
初期治療が一番大事ですが、それぞれの症状に合わせて適切な治療を行うようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ