ニキビ対策で過剰な洗顔は必要なし

洗顔女性ニキビや背中ニキビってどうして出来るのか考えたことはありますか?
わかっているのとわかっていないのとでは出来てしまったときに治るスピードが全然違ってきます。早く治すためにはニキビについて知ることです。

スキンケアを徹底していても出来てしまう経験のある方はとても多いです。
ニキビって顔が脂っぽくなると出来やすいって聞いたから、徹底的に顔の脂を取ればいいのか!と解釈をして過剰な洗顔を行うパターンは多い気がします。
しかしニキビ対策で過剰なニキビは厳禁です。

確かに皮膚から脂は消えてさっぱりしたと感じますが、実はそれがニキビが出来やすい環境を作り出しています。
過剰な皮脂分泌がニキビが出来るための条件で、これは間違いではありません。

しかし、出てくる皮脂を取り除けば症状が治まるわけではありません。
顔の脂を取りすぎた結果、何が起こるのかというと乾燥肌です。
実は乾燥肌がニキビの原因であることが大半です。

乾燥しているのにどうして?と不思議に思えますが、皮膚にとって乾燥することは大敵なんです。
だから、これは大変だ!と思った皮膚は、それを守るための手段としてたくさんの皮脂を出すようになります。

すると、私たちはもっとケアをしないといけないと思って今まで以上に洗顔を重ねることになります。
やればやるほど逆効果で、最終的には毛穴の中に詰まった皮脂が出ていかずに雑菌が繁殖して立派なニキビになってしまいます。

これは、顔にできるニキビ洗顔と同じように背中ニキビも同じです。
背中ニキビ対策としてゴシゴシ洗うことによって、背中の肌の皮脂が無くなり乾燥肌になり、更にニキビができてしまう要因になってしまうのです。

大事なことは、適度な皮脂は残すこと、お肌を乾燥させないことです。
これを聞くと皮脂を取りすぎないことって難しいと思うのではないでしょうか。

でも、実は簡単なのです。洗顔はネットで泡立てて1回のみ行います。
2回やると必要な皮脂まで落ちてしまうので、1回だけです。

そして洗顔は、お水で行います。お湯を使わない理由は、必要な皮脂まで蒸発してしまうからです。
寒い冬はついお湯を使いたくなりますが、ここでお湯でやってしまうとニキビが出来やすくなります。

湿度が低く乾燥しやすい時期であるのでさらに注意しないといけません。
洗顔後に大切なのが必要な油分を補ってあげる保湿です。化粧水と乳液を素早くつけて完了です。
時間が経ってからよりすぐに行ったほうが効果があります。

チェック 背中ニキビに関して詳しい洗い方はこちらを参考に。入浴中の洗いが肝心

サブコンテンツ

このページの先頭へ