大人ニキビと思春期ニキビの違いと治し方

ニキビ女性

一口にニキビと言っても、それが発症する年齢、正確には「肌年齢」によって、「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」があり、それらは原因などが全く違います。

まず年齢の順番から、「思春期ニキビ」について説明しますと、これはまさに10代の「思春期」の男女がかかるニキビ。
原因は、身体も皮膚も若く代謝が非常に活発なので、皮脂がたくさん出て、それとニキビ菌というか黴菌が化学反応を起こして皮脂に汚れがつまり炎症を起こすというものです。
思春期ニキビに関してはこちらの記事も参考に。10代20代の背中ニキビの悩み

これに対して「大人ニキビ」ですが、これは20代後半から40代くらいまでの間に発生するニキビで「吹き出物」とも呼ばれます。大人ニキビの原因も、ニキビそのものの根幹は皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に汚れが詰まることから発生します。
これは、思春期ニキビと同じですが、その皮脂が過剰に分泌され、毛穴に汚れが詰まることそのものの原因は大きく異なります。
大人ニキビに関してはこちらの記事も参考に。30代40代の背中ニキビの悩み

それは端的に言うと「皮膚の乾燥」が原因です。
皮脂の過剰な分泌の原因が乾燥、というと意外な気もしますが、メカニズムとしては、加齢によって肌のバリア機能が低下し、また皮膚の内部の水分の減ってきて、肌の表面がまず乾燥します。

すると、身体がそれに反応して皮膚の表面のバリア機能を高めようと、皮脂を必要以上に分泌して、それが皮脂の過剰分泌につながり、その結果毛穴が詰まってニキビになるのです。

以上のように、原因がそれぞれ違うので、思春期ニキビと大人ニキビの治し方は異なります。

思春期ニキビと大人ニキビの治し方

まず顔ニキビ対策として大切な洗顔ですが、これは2つとも共通で「ごしごしと洗いすぎてはいけない」ということです。
皮脂を落とせばニキビがなくなると思ってごしごしと石鹸などで洗うと、また皮膚のバリア機能復活のメカニズムが働いて皮脂の過剰分泌につながり、ニキビが発生ます。

ですので、洗顔はよく洗顔料を泡立てて、優しく行うことが重要です。
また、思春期ニキビは皮膚にある黴菌が原因なので、殺菌が大切です。殺菌作用のあるクリームなどを塗ると、思春期ニキビは改善に導かれます。
保湿
一方で大人ニキビは、皮膚の乾燥が原因なので、化粧水などをたっぷり塗って肌の保湿をしっかりすることが改善につながります。

背中ニキビに関しても、同様ですが思春期ニキビの方は、皮脂を取り除くことと保湿することが大切。大人の方ができる背中ニキビは、特に保湿が肝心です。

背中の肌をできるだけ潤いを与えるような保湿ケアをすることが重要です。
背中ニキビにおすすめの保湿ケアはこちらの背中ニキビ治し方徹底ガイドの記事を参考にして下さい。

以上のように、思春期ニキビと大人ニキビは全くメカニズムが違いますし、したがって治し方も違うのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ