気づかないうちにやっている癖がニキビの原因に

困る女性年齢が20代以上の人でも、学生時代と同じようにまたニキビができてしまって困っているという人も多いのではないでしょうか。

顔の脂質量が活発な10代と比較して、大人になってもできるニキビはどちらかというと大きさが小さいものが大半です。大人ニキビは治りにくいのも特徴的で、放っているとニキビ痕が沈着してしまうということもあり得ます。

それでは大人になってもできるニキビは、どうしてできるのでしょう。
それは日頃の何気ない癖が原因だなんていうこともあるのです。

自分でも気づかないうちにやっている癖を治すと、ニキビ改善につながることも多いです。
ニキビができてしまう原因をあなたは知らないうちにつくっていませんか?

気づかないうちに肌を触ってしまう癖がある

癖ニキビを増やしてしまう原因その1は、気づかないうちに肌を触ってしまう手癖にあります。一見きれいなようにみえても洗浄していない手には、場合によってはニキビを増やしてしまうニキビ菌がついているなんてこともあるのです。

また手肌のあれを気にする人であればハンドクリームをつけていることもあるでしょうが、その手で顔をかいたり触ったりすると、余計な油分が付着してニキビを増やしてしまうということもあるのです。

ハンドクリームをつけている人は、あまり直接肌を触らないようにしたほうがいいでしょう。また、ヘアスタイルスプレーなどで髪をセットしたあとは顔を触らないように、手を洗うのも余計な油分を顔につけないよう大切になります。

普段の食生活も見直してみる

お肉普段の食生活の癖もニキビを生み出してしまう原因として上げられることもあります。お肉や脂質などが多いものばかりを食べていると、消化できない脂質が顔にでてきてニキビができやすい土壌になることもあります。

肉やアルコールなどカロリーは控えるようにしましょう。食生活はもちろんのこと、肌に負担がかからないように常に清潔な状態をキープすることも大事です。

年齢を重ねるとやはり代謝の量が落ちますから、同じカロリーを接触していても大人になるとニキビができやすい食生活になっている可能性も否定できないのです。

10代の頃と同じ食生活をしているという人はカロリーを見直すことでも、ニキビができにくい健やかな肌をつくるのに貢献してくれるでしょう。

チェック まとめ

ニキビが長い間続いて治まらないという場合は、何かしらその原因になっていることがあるとみていいでしょう。
大人になるとニキビができやいすいと諦めてしまうより、一つでも二つでも癖を見直してニキビを減らしていく努力も欠かせなくなってくるのです。

ニキビができやすいところだけ清潔にしていても意味はなく、やはり肌全体を考えるこのは必要不可欠です。
それはちょっとしたこつと方法で改善ができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ