生理前や生理中にニキビができる理由と対策

フェイスラインニキビ生理前や生理中の時期になると、ニキビができて悩んでいる女性は実は多いのです。
この時期になると、特に顎(あご)など口周辺、フェイスラインなどの場所に発生します。顔以外でも、背中や胸周りにできる女性も少なくありません。

生理前後にニキビができる理由には、女性ホルモンが関係しているのです。
生理前や生理中には女性ホルモンが活発になります。
その女性ホルモンには、卵胞ホルモン黄体ホルモンの2つがあります。

特に黄体ホルモンがニキビができる大きな原因となります。
生理前からこの黄体ホルモンが増加するのですが、それにより抗菌ペプチドが減少することが最近の研修で明らかになりました。

この抗菌ペプチドは、ニキビができる原因であるアクネ菌を倒してくれる役割があります。
しかし、黄体ホルモンの増加によって抗菌ペプチドが減ると、アクネ菌を倒すことができなくなります。

小難しい解説となりましたが簡単にいうと、生理前・生理中には黄体ホルモンの影響でニキビができる原因となるのです。

黄体ホルモンが増加すると、ニキビだけでなく乾燥や痒みなども引き起こす原因となります。
生理前から生理後にかけてお肌がボロボロになると嘆かれる女性が多いのは、その黄体ホルモンが影響するからなのですね。

生理前や生理中のニキビ対策

保湿
生理前や生理中にできるニキビの対策は、生活習慣を乱さないで、まめなスキンケアが必要です。黄体ホルモンが増加するのは排卵後といわれております。

女性は、生理が近づいてくるとイライラしたりとストレスを抱え込んだり、生活が不規則になりがちです。ストレスや生活習慣の乱れは、さらに女性ホルモンを乱してニキビができやすくなります。

生理の時期にニキビができやすい方は、十分な睡眠と栄養ある食事、そしてストレスを感じないようにリラックスすることが大切です。

そして、黄体ホルモンの影響でお肌が弱ってるので、しっかりと保湿や栄養分を与えるようにマメにスキンケアをおこないましょう。特に生理前後にできやすい、顔の顎や口回り、フェイスラインは乾燥しやすいので化粧水、保湿液やクリームでお肌に潤いを与えるようにしましょう。

背中ニキビやデコルテ周りのニキビも同様で、しっかり保湿することが重要です。
背中ニキビに関しては、こちらを参考⇒背中ニキビの治したい!その原因から治し方まで

生理の時期にニキビができやすい方は、その時期に合わせてニキビ対策を行って、肌の良い状態を保ちましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ