花粉によるニキビや肌のトラブル

花粉が多く飛ぶ季節になると、お肌のトラブルを引き起こしやすくなります。
花粉症の人はもちろんですが、花粉症でない人も肌が敏感になる可能性があります。

花粉

花粉症の人の場合アレルギー反応を起こす花粉が、肌や粘膜・体内に侵入すると防衛反応として免疫細胞が過剰に反応してしまいます。表皮にはランゲルハンス細胞という免疫細胞が存在します。

このランゲルハンス細胞は、花粉というアレルゲンを感知すると過剰反応を起こします。
人によって反応は様々ですが、ニキビ・赤味・かゆみ・かぶれといった肌トラブルを引き起こします。
肌が露出した服装をしていると、腕や足も痒くなったり背中ニキビができる可能性もあります。

花粉症なるべく皮膚に花粉が付かないようにメガネやマスク、肌を露出しない服を心がけましょう。そして帰宅したらすぐに洗顔をして花粉を落とすなどの心がけが必要となります。

花粉症じゃない人が花粉の時期に敏感肌になるのは、花粉という外的刺激物が肌に当たることでの刺激にお肌が負けてしまうからです。
お肌が刺激に負けてしまうのにも理由があります。

 

チェック 一つはバリア機能の低下

角質細胞同士をくっつける役割のセラミドや、うるおいを保持するNMF・細胞間脂質が不足するとバリア機能が低下します。
不足する原因としては、血行不良による栄養不足やストレスや季節の変わり目による自律神経の乱れ、アトピー肌体質の人などです。

チェック 二つ目は過剰な洗顔により皮脂膜を取ってしまうこと

皮脂膜とは汗と皮脂が混ざり合ってできた天然の保湿クリームですが、同時に外的刺激などからお肌を守る役割をもっています。
しかし過剰な洗顔やクレンジングなどで皮脂膜まで落としてしまうと、皮膚はあらゆる刺激にさらされた状態になってしまいます。

スキンケア不足による乾燥性敏感肌もバリア機能や皮脂膜が低下した状態です。
この状態ですと花粉はもちろんホコリや空気の汚れといった様々な刺激に弱くなってしまっています。

もし肌に赤味やかゆみなどのトラブルがある場合は低刺激の敏感肌用化粧品でお肌を鎮静させましょう。
そして、丁寧なスキンケアで日頃からバリア機能や安定した皮脂膜のある丈夫な肌作りを意識することが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ