顔の大人ニキビに対処するコスメと化粧方法

コスメ日頃から大人ニキビに悩んでいる場合は、女性ならほぼ毎日使用するコスメの使い方にも注意しないといけません。

顔に大人ニキビができる人というのは、些細な外からの刺激で肌のバリア機能が剥がれ易く、一度ニキビができた場所は抵抗力が弱まってデリケートになります。

よって、肌刺激が強いケミカル成分が含有した海外産のコスメは基本的に使用しないほうがいいでしょう。
ニキビ肌の人は、なるべく国産コスメに拘って、低刺激化粧品と謳われているものに着目し、着色料や香料、防腐剤などがフリーのタイプだと尚ベストです。

化粧品そして大人ニキビができてしまった場合の化粧の仕方ですが、パウダータイプのファンデーションならいつも通りにつけても構いません。

しかし、日焼け止め効果もある化粧下地を頻繁に利用するのは、あまりお勧めできません。
化粧下地は、さらりとした軽い付け心地のジェルタイプのものも最近は出て来ていますが、オイリー肌を促進させる要因にもなり、ニキビのアクネ菌の餌食ともなってしまうので、敢えて下地は付けない事を提案します。

下地の代わりに、手持ちの保湿化粧水と乳液をたっぷりの量手の平に出して、肌に充分潤いを与えるようにし、その上にパウダーファンデーションを重ねる事をお勧めします。

化粧水そして下地代わりになる化粧水は、なるべく肌深層部の底まで浸透力のあるビタミンC配合の化粧水を使うようにし、ニキビの炎症が目立つ部分はコンシーラーでカバーするのが効率的です。

ちなみに今発症している大人ニキビの悪化を防ぐ鉄則は肌に余計な油分を与えない保湿を万全にする、この2点です。
ですので、ベタベタとした塗り心地のクリームファンやリキッドタイプのファンデは控えて、必ず保湿効果もあるパウダーファンデで仕上げるようにしましょう。

このパウダーファンデーション選びも大変重要で、保湿成分だけに気を取られず、きちんとUVケア成分も入っているものを選ばないといけません。

パウダーファンデには、ニキビに大敵な紫外線をそのまま吸収する有効成分も入っていますが、これは意外に肌負担が大きいです。なるべく、紫外線を散り散りにして乱反射させる作用のある成分の入ったファンデを探し出すようにして下さい。

このように大人ニキビに賢く対処するには、普段の化粧方法を工夫してみる事も効果的なので、悩んでいる人は一度実践してみましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ