ニキビによくない避けるべき食べ物とは

背中や顔にできる大人ニキビでも、思春期ニキビでも食べ物には気を付けた方がいいといわれています。
実際に食生活を見直すだけで、だいぶ変わってきたりするものです。

ニキビがどうしても治らないとお悩みならば、まず一度自分の食べているものや飲んでいるものを見直すことをおススメします。

チョコレート

まずは食べ物ですが、チョコレートとかはよくないってよく言いますよね。
チョコレートは砂糖もたっぷりだし、カカオ豆にはカフェインも入っています。

どうしても食べたければ、なるべく乳脂肪分の少ない純度の高いチョコレートを食べるのをおススメします。

ただし、誰でもチョコレートを食べるとニキビができるわけではありません。
個人差はあるので、チョコレートを食べても平気な人はいます。
そのあたりは自分の体質ともよく相談するべきところではないでしょうか。

同様に辛いモノもよくないといいます。コーヒーなんかもそうですね。
一般的に刺激物と言われるものは肌に悪いと言われています。

ただし、これも食べ過ぎや飲みすぎが原因となることが多いので、適度な量ではニキビができないことも多いです。
まずはちょっと量が多いかもと思ったら、減らしてみることから始めるのが大切です。

コーヒー

コーヒーなんかはノンカフェインのものに切り替えたり、代用コーヒーとして知られるたんぽぽコーヒーなんかに替えて見るのをおススメします。

あとは単純に暴飲暴食なんかはもってのほかです。
ニキビができやすいのは女性ホルモンのバランスがうまくいっていなかったりするから。
攻撃的な行為というのは、男性ホルモンを促しますから、マイナス以外の何物でもありません。
脂性肌なら脂っこいものの食べ過ぎはニキビの悪化を促進するだけです。

すべてをいきなり変えることはできませんが、少しずつ心に余裕がある状態を作ること。
これでたいぶニキビの悪化を防げます。

食べない方がいいものを避けるようになれば、自然とニキビにも効く食べ物を摂取するようになるので、どんどんニキビができにくくなる好循環が生まれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ