乾燥肌に栄養成分と食べ物

乾燥はニキビの大敵です。
顔や背中にニキビができやすい方は、オイリー肌だけでなく乾燥肌のケースも多々有ります。
乾燥肌を改善していくことによりニキビのできにくい体質に改善しましょう。

一番手軽に改善できる手段が食事です。
乾燥に効果的な栄養分が入った食べ物を摂取してに乾燥肌とニキビを事前に予防しておきましょう。

食事

乾燥肌に良いと言われている栄養成分には、ビタミンAビタミンBビタミンC、ビタミンE、そしてセラミドなどがあります。

ビタミンAには肌表面の潤いを維持する効果があります。ビタミンAを多く含む食材は、レバーや鶏肉などのほか、ほうれん草や唐辛子などにも含まれています。

ビタミンBには肌が乾燥したことによる肌荒れや炎症などを抑える効果があります。ビタミンBを多く含む食材は、うなぎや牛乳、バナナなどがあります。

そして乾燥肌の他にも美肌や美白にも効果的なビタミンCを多く含んでいる食材は、赤ピーマンやレモン、いちごなどです。
その他にもフルーツにはビタミンCが豊富なので、乾燥肌で悩んでいる場合は、チョコレートやポテトチップスなどの脂が多いものをやめて、間食にはフルーツを食べるようにすると良いでしょう。

ビタミンEは新陳代謝をアップさせる効果があり、肌のターンオーバーを正常に戻す作用があります。
これによって、乾燥で荒れた肌を正常な状態にしてくれます。
ビタミンEを多く含む食材にはアジやイワシなどの魚類やカボチャ、アーモンドなどがあります。
そして乾燥肌に良いとされる栄養成分セラミドは、肌の奥の水分を逃がさないように保ってくれる効果があります。

また、乾燥肌の人は水分だけじゃなく油分も足りない場合がありますが、
セラミドは油分も保ってくれるので、乾燥肌にはセラミドが良いと言われています。
セラミドを多く含む食材は大豆です。納豆や豆腐、豆乳などを普段の食事に取り入れるようにすると良いでしょう。

乾燥肌対策は、化粧水や美容液など外側からのケアも大切ですが、体の内側からもケアするともっと効果的に乾燥肌を治したり対策になると思います。
乾燥肌を改善して背中ニキビや顔ニキビのできにくい体質に変わりましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ