背中ニキビの原因に内臓など臓器が関係する?

内蔵ニキビや背中ニキビの原因は、生活習慣やホルモンバランスの乱れによって毛穴に皮脂や汚れが詰まることにあります。

汗や雑菌が付着したり、石鹸などの洗い残しなどの外的な要因もありますが、内蔵などの臓器が関係する内的な要因も多いのです。

よく、ニキビができた場所から、体の悪い箇所がわかるといわれています。
例えば、顔の口周辺にニキビができれば胃が弱っている証拠であったり、オデコにニキビができれば、小腸や肺の機能が低下しているなどといわれます。

実際に、ニキビは内蔵などの臓器との関係性があります

顔や背中のどこの場所にニキビができると、どこの臓器が弱っていると明確には断定はすることは解明されていませんが、内臓と密接な関係が有ることは明らかなのです。

 

背中ニキビと関係する内臓

臓器人間は、内蔵機能が低下すると血液が浄化されなくなり、老廃物を排出しづらい状態になります。
ストレスや食事の栄養の偏りにより、内臓が弱ることで体の毒素を分解できずにニキビとして発生します。

つまり内臓が弱ると血液がドロドロの状態になり、老廃物や毒素が溜まります。
それらばニキビをして体に現れるので、内臓とニキビはとても深い関係性があるのです。

顔ニキビ、背中ニキビなども臓器の低下によるもの。
主に背中ニキビなどは、胃腸肝臓腎臓などの臓器が関わってきます。

チェック 肝臓
肝臓は、解毒作用や栄養貯蔵、代謝の働きがあります。
肝臓が弱ると解毒作用が低下して、血液がドロドロになり体の免疫力や抵抗力が低下してニキビができます。

チェック 胃腸
胃腸が弱ると消化機能低下します。
消化機能が低下すると、栄養の吸収が妨げられてビタミン欠乏症などに。
ビタミンは、ニキビ予防や改善に必要な栄養分ですので、胃腸が弱るとニキビができます。

チェック 腎臓
腎臓は、血液を濾過して老廃物を排泄する働きがあります。
この腎臓が弱ると老廃物や毒素が体に蓄積されて顔や背中にニキビができます。

これらの内蔵の低下によって背中ニキビや顔にニキビが出来る原因となるわけです。

 

内臓の働きを正常にしてニキビ対策を

背中ニキビを作らない為にも、体内のケアも怠らないようしましょう。
逆に、ニキビの発見で、内臓の病気や機能低下の気づくことも重要です。

日頃から肝臓や胃腸が弱っている生活をおくっていると感じる方は、
日々の生活習慣を見直してニキビのできにくい体を作ることが先決です。

内臓の働きを正常する対策

  • 栄養ある食生活を心がける。(緑黄色野菜を中心の食事。果物などでビタミン補給)
  • ジャンクフード(スナック菓子や脂っこい食事)など体に悪い食べ物は控える
  • 暴飲暴食やタバコ、お酒は控える
  • 睡眠を十分に摂る
  • ストレスなどを溜めない

こういった日常でできる生活の改善こそが、健康な体を作る重要なポイントになります。
生活習慣を改善して、体内を健康することが内蔵の働きを促進させてニキビの改善や予防につなげましょう。

また、ニキビはスキンケアで肌を清潔に保つことなども大切です。
背中ニキビに改善したいならば、こちちらの記事を合わせてお読み下さい。背中ニキビの治したい!その原因から治し方まで

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ