背中ニキビ治療に使われる漢方薬

漢方背中ニキビの治し方として、保湿ジェルや化粧水など外側から改善する方法と、生活習慣の観直しや食生活など内側からの改善する方法の2種類があります。

今回ご紹介するのは、内側からの改善する漢方についての説明となります。
漢方薬を使用することによって、体質の改善をはかり背中ニキビやニキビを治す方法です。

ニキビ治療として漢方の効果は認められており、漢方薬を処方できる皮膚科も増えています。多くの場合は、漢方薬局などで市販されているものを購入します。

漢方には、その人の症状の状態で向き不向きがあるので、実際に漢方師と相談して自分に合った漢方を調合してもらうことが大切です。

では、ニキビや背中ニキビの治療によく使用される漢方薬をご紹介します。

 

ニキビ治療によく使われる漢方薬

チェック 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

皮膚の炎症や、湿疹、化膿、蕁麻疹などに使用される和製の漢方薬。
全般的な皮膚病によく使われます。
特に背中ニキビやお尻、胸などに向いてるとされています。

 

チェック 加味逍遥散(カミショウヨウサン)

頭痛や貧血、生理前にイライラしやすい方や、ニキビ吹き出物がでやすい方に使用される漢方薬。
便秘になりやすい、疲れやすい方にも向きます。

 

チェック 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)ヨクイニン

血液の流れを循環される効果のある漢方薬。
古くなった血液、老廃物の流れを良くしてホルモンバランスを整えます。

血液を循環させる為、肩こりや冷え性、生理不順や生理痛、頭痛などに症状に使われます。
血液が溜まるとニキビができやすくなるので、ニキビ治療としても使用されます。
体力が弱っている人には不向きとされているので注意が必要です。

 

チェック 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

ニキビの炎症を抑えて皮膚に潤いを与える漢方薬。
ニキビの原因となる皮脂が多い脂肌体質や、同時に乾燥肌体質の方に向いています。

しかし、体力が無い方には、かゆみや皮膚が赤くなるなど副作用もあるようですので、漢方師や医師と相談する必要があります。

 

チェック 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

顔が赤くなったり、ほてりやすい方に向いている漢方薬。
炎症を抑えたり、膿を取り除く作用があります。

ニキビの炎症や、腫れたニキビの症状を抑える効果があるとされています。
しかし、主に顔に皮膚に使われる漢方ですので、背中ニキビや体にできるニキビには不向きです。

 

チェック 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

ホルモンのバランスを整えて血液をさらさらにする漢方薬。
まだ大きく成長していないニキビに良いとされます。
顔色が悪い方や冷え性な方に向いています。

 

その他にも、人参養栄湯、十全大補湯、帰蓍建中湯、黄連解毒湯、半夏瀉心湯などニキビ治療に使われる漢方薬や多数あります。

 

体力が無い人には向かないものや、その効果も個人によって違います
皮膚科や、漢方師とよく相談して自分に合ったもの使用することが鉄則です。

漢方薬は、あくまで体の内側からの改善となります。
保湿ジュエや化粧水など外側からの改善も非常に大切ですので、日々のスキンケアも心がけましょう。

外側からのスキンケアならばコチラの記事を参考に。背中ニキビの治したい!その原因から治し方まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ