お肌の乾燥対策でニキビ予防

乾燥肌スキンケアの基本は正しい洗顔方法で清潔に保つことですが、季節的な乾燥やエアコンなどによる室内の乾燥でお肌のトラブルを招いてしまう方が多いです。

洗顔後や入浴後の保湿ケアを怠るとたちまちお肌の水分は奪われて乾燥してしまい背中ニキビや顔ニキビなどの原因となります。

お肌が乾燥すると水分を守ろうとバリア強化のために皮脂分泌が盛んになり、過剰に分泌されるために乾燥肌なのにオイリーな状態になります。

余分な皮脂が毛穴を塞ぐ事でニキビが出来やすい状態になってしまうのです。
そのため、お肌の水分をしっかりと与えてあげる保湿ケアが重要です。

また、乾燥した状態を放置すると痒みにより炎症を引き起こしたり、シミやシワの原因にもなります。乾燥する事で一気に老化を進行させてしまうため、女性にとっては乾燥は美容において最大の敵と言っても過言ではありません。

お肌の乾燥を防ぐためには、洗顔後の化粧水での保湿がポイントです。
化粧水は出来るだけ美容成分がある方が良いですが、高額な物である必要はありません。
たっぷりと使用する事が大切で、高価な化粧水をケチケチと使用するくらいなら、少々安価なものでたっぷり使用しましょう。

そして、化粧水はコットンなどに沁みこませてふき取るように浸透させるなど、パッティングがおすすめです。
また、口元や目尻など乾燥しやすい部位は、2度づけ、3度づけと繰り返すことでお肌もふっくらと潤います。

そして、化粧水で保湿した後には、乳液ヤクリームなどでバリアのためのフタをしてあげましょう。
そして、お風呂上りは5分以内に保湿しましょう。

また、体の外からのケアも大切ですが、体の中への水分補給も重要です。
人の身体は7割以上がみずと言われています。汗をかいた後、入浴後ももちろんですが、日ごろから水分補給しましょう。
また、顔だけではなくボディケアも同様です。ボディローションや、ふつうの化粧水でも構わないので保湿してあげましょう。
背中のニキビが出来やすい方は特に念入りに保湿する事で、改善されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ