ぶつぶつ背中ニキビ対策に固形石鹸、肌着と柔軟剤に注意

悩む女性背中にニキビが出来ている人は、男女問わず意外と多いものです。
また、背中ニキビは年齢もあまり関係ないのが特徴で、顔にはニキビがないのに背中だけブツブツがある人もいます。

そんな背中ニキビを治すコツは、背中に洗浄成分を残さないこと、刺激を与えないことにつきます。そのためには、まずボディーソープから固形石鹸に変えることです。

ボディーソープは、シャワーで洗い流しても、肌に洗浄成分やその他の余計な成分が残りやすく、そのせいで背中ニキビが発生してしまいます。

その点、固形石鹸は成分が肌に残りにくいので、毛穴が詰まりにくく、ニキビの予防には効果的なんですね。

既に固形石鹸を使っているからといって安心してはいけません。
身体を洗ってから洗髪をする人は要注意です。

洗髪に使っているシャンプーやトリートメントが知らないうちに背中に垂れていたり、髪を洗い流している最中に背中に流れているからです。
出来ればニキビ改善のためには、洗髪後に身体を洗う方が良いですね。

背中の洗い方に関してはコチラの入浴中の洗いが肝心を参考に。

また詳しい洗い方はコチラ体を洗う順番で背中ニキビ予防を参考にして下さい。

肌着や柔軟性にも気をつけましょう

服また、肌着の種類が背中ニキビを悪化させるとも言われています。
科学繊維の肌着より、シルクオーガニックコットン素材の肌着の方が背中のニキビが気になる人にはお勧めです。

ただし、肌着の素材だけにこだわっているだけで安心してはいけません。
最近では洗濯に柔軟剤を使用している家庭も多いでしょう。

特に、柔軟剤の中でも香りが長続きする加工がなされた製品が人気となっているようです。しかし、それらの製品の中には肌に決して優しいとは言えないものも多くあるのです。
素材にこだわった肌着を毎日洗濯して着ていても、柔軟剤が肌に合わずに背中ニキビを発生させている可能性もあります。

また中には、背中に出来るブツブツはカビが原因のものもあります。
これは見た目はニキビとほとんど変わりませんが、普通のニキビと同じ治療だけではよくなりません。
カビによるブツブツには、抗菌剤による治療が必要ですから、見極めが大切です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ