入浴中の洗いが肝心

背中ニキビを治したいならなば、様々なことに気を付けなければなりません。
その1つとして、入浴中の背中の洗い方。

背中は汗をかきやすく、皮脂も詰まりやすいので綺麗に汚れを落とさなければなりません。
しかし、多くの方は、デリケートな背中の肌をゴシゴシと力強く洗ってしまい、
肌を傷つけ、また乾燥させてしまいニキビの原因を作ってしまいます。

背中は非常にデリケートな肌なので、思っている以上に気をつけて洗う必要がありまし、
入浴後もケアも非常に重要になります。

では、どのようにして背中を洗えばいいのか、正しい背中の洗い方について解説します。
とはいっても難しいことではなく、非常に簡単ですので今日からでも始めてみて下さい。

  • 肌に優しい素材のタオルを使う
  • 石鹸を十分に泡立てる
  • ゴシゴシ激しく洗わない
  • 入浴後は必ず保湿する

肌に優しい素材のタオルを使う

背中を洗う際に、まず気をつけていただきたいことが肌に優しい素材のタオルを使うこと。
ナイロン製のタオルでゴシゴシ洗うと気持ちがいいと感じる人が多いですが、それは肌を傷つけてしまいニキビの原因にもなります。

また必要な脂分まで取り除いてしまうので、乾燥の原因にもなるので注意しましょう。

背中だけでなく身体の肌のことを第一に考えるならば、綿の素材のタオルが肌に優しいでしょう。
またヘチマを乾燥させたものや、肌を刺激しない高品質なタオルも販売されているので、それらを使って背中を洗うことが大切です。

石鹸を十分に泡立てる

背中を洗う石鹸やボディソープは、肌につける前によく泡立てましょう。
あまり泡立てずに使用すると、その液や石鹸そのものが肌に付着して刺激してしまいます。

また、泡立てないと毛穴奥までその石鹸が入りこまないので、汚れを十分に落とすことができません。
せっかく背中を洗ったのに刺激だけして、肝心の皮脂の詰まりを取り除かないと意味がありませんよね。

肌につける際は、よく石鹸やボディソープを泡立ててから使用することを心がけましょう。

ゴシゴシ激しく洗わない

痒い所に手が届かない背中をゴシゴシ洗ることは、気持ちいいかもしれません。
しかし、ゴシゴシ力強く洗うことによって、肌が傷つきニキビの原因にもなります。

よく泡立てた石鹸であれば、毛穴奥まで入り込むのでゴシゴシ洗う必要はありません。
上記で説明した肌に優しい素材のタオル等を使って、優しく肌をマッサージするように洗うことが大切。

そして、洗い上がりは石鹸などの洗い残しがないように、十分にすすぎましょう。
石鹸やボディソープが背中に残るだけで、皮脂が詰まってニキビができやすくなります。

またシャンプーやコンディショナーなども背中に付着しやすいので、頭を洗う際にも背中に石鹸が残っていないか注意しましょう。

入浴後は必ず保湿する

入浴後、肌は非常に乾燥しやすくなります。
背中をしっかりと洗い終わった後は、保湿することは忘れてはなりません。

肌が乾燥したままだと、皮膚の栄養が失われて肌トラブルの元になります。
肌は保湿されているだけでも、ニキビ予防や肌トラブルの防止になりますので、しっかりと保湿しましょう。

ニキビが酷い、早く治したい、けれどもどのような保湿液やスキンケアがいいのかわからないならば、
当サイトのトップページの記事を参考にしていただければと思います。

背中ニキビは、入浴中の背中の洗い方ひとつで、予防や改善に導いてくれます。
いつも何も考えずに洗っていたな、と考えるのであれば、今日から入浴中の背中洗いを意識されてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ