40代から50代のニキビ対策とは

40代から50代血気盛んな10代、生活習慣の乱れが顕著な20代。
そんな時ばかりにニキビが出来るわけではありません。

正真正銘の大人である、40代、50代でもニキビに悩む人は確かに存在するのです。
もちろん、原因は若い頃とは異なります。40歳を超えているのに背中ニキビができる、50歳を過ぎてもニキビで悩んでいる、そういった女性は少なくありません。

油モノを控えているのにニキビができてしまう、ニキビ洗顔料を使用しているのに改善しない、そういった悩みをお持ちではないでしょうか?10代20代の頃とは体質や生活習慣も変化しているので、ニキビの原因や対策法は多少は違って当然なのです。

そこで、40・50代の女性が行うべきニキビ対策をご紹介します。
もう手遅れと諦めずに、最善の策でニキビを改善していきましょう。

40・50代の女性にできるニキビの原因

まず、40・50代の女性に出来るニキビの原因とは、一体何なのでしょう。
根本的な要因としては、加齢が挙げられます。

年齢を重ねたことで身体に変化が生じ、結果的にニキビが出来てしまうのです。
実際にはホルモンバランスが崩れたことが理由なのです。

この頃の女性に共通する大きな悩み、更年期障害。
頭痛や体温の急上昇、倦怠感など様々な症状に悩まされます。

ニキビもこの更年期障害の一環なのです。
したがって、塗り薬で一時的に症状を抑えても、根本的な解決には至りません。
では、どのような対策が効果的なのでしょう。

40歳からのニキビ対策

まず、ニキビが出来てしまったからには通常通りに肌の清潔に気を配りましょう。
過剰な洗浄や化粧水の塗布は避けた方が無難です。刺激を避け、触らないように心掛けます。

次に、生活習慣を改める必要があります。
更年期障害の治療と考えても、生活のリズムを正常化させるのは理に適っているのです。

腹八分目を心掛けて、早ね早起きを敢行。気分転換を適度に行い、ストレスを溜めないことも大切です。
健康的な生活は血行を促し、肌トラブルを遠ざける結果に繋がります。

ホルモンバランスを崩すとニキビや背中ニキビの原因になるだけでなく、糖尿病や痛風、その他あらゆる大病のリスクも大きくなります。ホルモンバランスを正常に保つ為には、野菜や魚中心の食生活、ウォーキングなど適度な運動、十分な睡眠が重要です。

生活習慣を改善した上で、清潔な肌を保ち、乾燥しないように常に保湿ケアをすることがニキビを治す対策として大切なのです。

また、ホルモンバランスを整える為の低用量ピルの服用も効果的です。
これは、婦人科の医師等に相談をして、処方をしてもらいましょう。
いくつもの種類があるので、数種を試さないと自分に適した薬に出会えないことも。
低用量ピルは他の対策よりも結果が早く目に見えるので、逸早く何とかしたい人にもオススメです。

40・50代のニキビは対策をきちんと行えば、早くに改善がみられる傾向にあります。
それは、顔ニキビでも背中ニキビでも同じこと。

いつかは治まると諦めず、積極的に対処すればニキビに煩わされる時間が圧倒的に少なくなるのです。
「あっ!ニキビ!!」と思ったら、早めのアクションが一番です。

チェック 関連する記事:背中ニキビの治したい!その原因から治し方まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ