背中に黒いブツブツが!その原因や対策とは

背中黒いブツブツ普段、自分の背中を見ることは少ないもの。
しかし、女性にとって見えない背中こそキレイにしていたいですよね。

意外にも背中の肌に悩む女性はたくさんいらっしゃいます。
背中ニキビを初め、背中の乾燥肌や赤いぶつぶつなどの湿疹など、美しい背中を手に入れる為には、日々のケアがかかせません。

今回は、背中のお肌に黒いブツブツができるケースをご紹介します。
ニキビほどではないけれど、背中に小さなゴマのような黒いブツブツで悩んでいませんか?

ホクロや汚れかなと思っていたけれどよく見ると少し違う。
そんな背中の肌にできる黒いブツブツの原因や対策について解説します。

背中の黒いブツブツの正体は?その原因とは

普段見ない背中の肌を見ると、黒いブツブツがあった。
それって一体何なの?と気になりますよね。

この肌の黒いブツブツの正体は、2つが考えられます。

チェック 1つは、皮脂や角質の詰まり
チェック 2つは、埋没毛

1つ目の、皮脂や角質の詰まりは、毛穴に汚れが詰まった状態です。
背中は汗をかきやすく、また皮脂や角質が溜まりやすい箇所。

よくイチゴ鼻で毛穴の黒ずみが詰まった状態が見たことがあると思いますが、それと同じ現象が背中の肌でも起こります。

そんな皮脂や角質などの汚れを放置していくと、背中ニキビや吹き出物の原因となります。
背中に黒いブツブツができたと思ったら、ニキビや吹き出物ができる前兆だと思っても過言ではありません。

2つ目は、埋没毛(まいぼつもう)とは、背中の毛が肌に埋もれてしまっている状態を指します。
これは、脱毛をカミソリや毛抜きで行う女性に多く見られる現象です。

カミソリや毛抜きで脱毛すると、皮膚が傷つき炎症を起こしてしまい角質が厚くなります。
その厚くなった角質のせいで、ムダ毛が外に出られくなり埋没毛として、黒いブツブツに見えるのです。

背中の黒いブツブツの対策法

黒いブツブツの正体は、皮脂や角質の詰まりか、埋没毛だということが判明しました。
そこで、どのようにケアしてキレイな背中を手に入れるか、その対策法をご紹介します。

皮脂や角質が毛穴に詰まって黒くなってしまった場合は、それらをキレイに取り除く必要があります。
お風呂に入った際、よく泡立てた石鹸やボディーソープで背中を優しく洗い流しましょう。

背中は非常にデリケートなので、泡の力だけで洗うことがポイントです。
ゴシゴシと洗うと、肌を刺激して逆効果になるので、優しく洗いましょう。

そして、一番重要なことは、入浴後は保湿して背中の肌を潤わすことです。
皮脂や角質の詰まりというのは、背中ニキビができる原因となります。

ですので、黒いブツブツを改善させるケアも背中ニキビのケアと同様になります。
常に、お肌を保湿してターンオーバー(肌の新陳代謝)を促進させることです。

どのような保湿ケアがいいのかわからない方は、背中ニキビのケアで使用する保湿ケアがおすすめです。
背中ニキビの治したい!その原因から治し方まで

埋没毛の黒いブツブツの際も、肌の新陳代謝で自然とムダ毛がでていきます。
早く埋もれた毛を排除したいならば、上記の保湿ケアで新陳代謝を促して新しい皮膚に生まれ変えることです。

また、埋没毛の場合は、カミソリや毛抜きでの脱毛が原因であることが大半ですので、出来る限り、そういった肌に刺激を与えるような脱毛は避けるべきです。

専用の脱毛サロンや美容クリニックで背中の脱毛行ったり、肌に優しい除毛クリームなどを使用することが無難です。
サロンやクリニックでは、脱毛だけでなく肌のケアも同時に行ってくれるので特におすすめです。

黒いブツブツを解消するまとめ

もし背中に黒いブツブツができて悩んでいるならば、まずはお肌を清潔に保ち、保湿することが先決です。
その上でカミソリなどの自己処理は避けて、肌に優しい脱毛を行うこと。

背中の肌は、見ることが少ないからこそいつもキレイにしていたいですよね。
意外にも背中はデリケートな箇所ですので、マメに鏡でチェックすることが肝心です。
肌がしっかりと潤っているか、ニキビや黒いブツブツがないか常に意識しましょう。

そして、普段のケアを怠らないことが、キレイな肌を作る大切なことなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ