背中ニキビと肩こりの関係とは

肩こり背中ニキビ肩こりの関係性について説明します。

主にニキビは毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌と呼ばれる物が繁殖して起こります。
皮脂が詰まる要因は、睡眠不足や食事の栄養の偏り、ストレスなどホルモンバランスの乱れによります。

背中ニキビができる原因は、そういった生活習慣やホルモンバランスが関係してくるわけです。そして、背中ニキビの原因に肩こりも含まれることもあります。

なぜ、肩こりが背中ニキビの原因に?と思いますが、直接の原因と言うよりも間接的な関係があるのです。

肩こりは、主に血行不良が原因で引き起こされます。
ニキビも新陳代謝が悪いとかなり出来やすくなります。
つまり、肩こりを引き起こすような事をしていると、同時に背中ニキビも出来やすくなるということです。

とは言っても、肩こりになったから早々にニキビができるわけでも無く、継続的な肩こりが引き起こしますから、肩こりの改善をしていれば自然と背中ニキビも減って行きます。

デスクワークや座り仕事の方は注意

デスクワーク特に、デスクワークなど同じ姿勢をしている人は要注意です。
長時間座り続けることで、筋肉収縮して筋肉の働きが低下してしまいます。
すると筋肉の血行不良が続くことによって肩こりになります。

また、肩こりは単純に疲労や疲れから来る部分もあるので、それによってニキビになり易くなる側面もあります。
何にせよ肩こりと背中ニキビは、関係性が少なからずともあるので知って置いた方が良いですね。

意外と背中はデリケートな部分なのですが、ササッとシャワーを浴びても手が届かないなんて理由であまりしっかり洗えません。
グーと背中に手を伸ばす事を繰り返していれば意外に届くようになって、そのストレッチがこれまた肩こり解消に一役買うので面白い話です。ちょっと気長ですがやってみても良いかも知れません。

ですがお肌のニキビと同じで、早くならサッと治す事も可能ですから、お風呂に入った時などにチラッと確認してみて、生活習慣の改善やスキンケアなどを行うことが一番の予防になります。

肩こりと背中ニキビを治すためにも、健康的な運動や生活を心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ