背中ニキビの原因を根本から徹底解明

顔は、オイリー肌や乾燥肌などがあり敏感なのでニキビができやすいのですが、
なぜ背中にもニキビができるのでしょうか。

顔ほど目立たないと思っていても、背中にニキビができると
常に気になりますし、背中が開いたドレスなどが綺麗に着ることができません。

そんな背中ニキビの原因を根本から徹底解明していきます。

ニキビの原因となる皮脂とアクネ菌

背中や顔、お尻、胸など身体のどこの箇所であってもニキビができる原因は一緒です。
それは、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうこと。

皮脂が人間の身体にとって必要なのですが、ホルモンバランスの影響などで皮脂が
過剰に分泌されて毛穴に詰まります。
その皮脂を好物とするアクネ菌が発生します。
このアクネ菌とは、本来人間の身体に持っている常在菌であり
人間にとって必要な菌なのです。

このアクネ菌は、皮脂の溜まりやすい所に集まりやすく、
毛穴に詰まった皮脂が角栓で塞がれた皮膚に入り込みます。

そのアクネ菌が、脂質を分解して過酸化脂質いうものを生み出してしますことが
ニキビができる根本的な原因となります。

皮脂やアクネ菌を抑えるにはホルモンバランスを整える

増殖するアクネ菌を抑えるには、皮脂が毛穴に詰まることを抑える必要があります。
皮脂の詰まりを抑える為には、過剰な分泌を抑えなければなりません。
たくさんの皮脂が分泌されることを抑えれば、皮脂が詰まることはありません。

では、皮脂の過剰な分泌を抑えるにはどうすればいいのか。
それは、ホルモンバランスを整えることが重要なのです。
ホルモンバランスが崩れることによって、皮脂が過剰な分泌をおこします。

どのような時に、ホルモンバランスは崩れる状態になるのでしょうか。

  • 睡眠不足の時
  • 食事の栄養に偏りがある時
  • ストレスがある時
  • 体が疲労している時
  • 生理前や生理中、妊娠中など
  • 思春期の頃

上記の場合は、特にホルモンバランスを崩しやすくなります。
睡眠不足や食事での栄養などは、日常生活において努力して改善することができます。
また、仕事などの疲労やストレスに関しても、心がけ次第で改善される可能性もあります。

しかし、思春期の頃や生理前後、妊娠中は自力でホルモンバランスを整えることは難しいです。
どちらにせよ、肌のケアはできますので皮脂を詰まらせないように
しっかりと皮脂を取り除く洗顔や背中洗いを行い、化粧水や美容液で肌を保湿することが大切。

ニキビは、日々のスキンケアである程度の改善や予防ができますので、
食事で栄養をとる、十分な睡眠を心がける、ストレスを溜めない、
そして肌を清潔にして保湿することが肝心といえます。
背中ニキビを治してストレスのない生活を手に入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ