クレーター状のニキビ跡が出来る理由と予防法

ニキビ跡クレーター状のニキビ跡は、一度できてしまうとなかなか治りません。
その為、美容の為には極力作りたくないものであると言って良いでしょう。

クレーター状のニキビ跡はニキビが悪化して炎症がひどくなってしまった場合に出来やすいとされています。
これは顔ニキビであれ、背中ニキビであれ、できる部位が違えど同じこと。

そもそもニキビ自体が肌の炎症の一種です。
最初は軽い炎症ですが、治癒に時間がかかったりケアが充分でない場合等には悪化してしまいやすく、あっという間にクレーター状のニキビ跡が出来やすい状態になってしまうのです。

ニキビが悪化すると見た目にも明らかにわかるほど患部が赤くなってしまいます。
こうしたニキビは赤ニキビと呼ばれていますが、赤ニキビになってしまうと必ずクレーター状の跡が残ってしまうというわけではありません。

赤ニキビができてしまってもきれいに治癒するケースも少なくないので、クレーター状のニキビ跡を招く要因は比較的限定的であることが分かります。

クレーター
凸凹クレーター状のニキビ跡の状態

ニキビの治癒後にクレーター状の跡が残ってしまうのは、皮膚の深い部分にまでニキビによるダメージが及んでしまっているからです。

人間の皮膚はいくつかの層で構成されているのですが、その中の真皮層と呼ばれる層にまでニキビのダメージが及んでしまった場合にクレーター状の跡が残りやすくなるのです。

もともと皮膚にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりがあるのですが、ターンオーバーによって肌が生まれ変わるのは、実は肌の表面に近い部分だけです。

深い部分になるとターンオーバーが起きず、ダメージを受けた細胞がなかなか修復されないのです。
そして、クレーター状のニキビ跡の原因である真皮層ではターンオーバーが行われておらず、一度傷ついてクレーター状の跡が残ってしまうと消すのが非常に困難だというわけです。

クレーター状のニキビ跡を残さないようにするには、出来てしまったニキビを極力早く治すことが重要です。
ニキビが悪化する前に治癒することが出来れば、真皮層までダメージを及ぼしてしまう可能性は下がります。

ニキビが出来た時は極力患部を清潔にし、生活習慣の見直しも行うようにして、悪化を防ぐように心がけましょう。

チェック 背中ニキビ跡に効果的なスキンケアはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ