背中ニキビ跡ができる原因と改善方法

背中ニキビ跡
背中は、皮脂腺が多くある部分なので、ほかの箇所よりも皮脂が多く分泌されることによって、毛穴が詰まりやすいという特徴があります。

背中は衣服を着用していることでムレやすく、寝ている時は、さらにムレやすくなる傾向があります。
横になることで、背中に体重をかけているため、背中にニキビができていると気づかないうちに、ニキビが炎症を起こしてしまうことが少なくありません。

ニキビは軽い症状のうちに速やかに治すことができれば、ニキビ跡が残らないようにすることも可能です。
しかし、ニキビができた後に炎症を起こしてしまうと、ニキビ跡ができやすくなります。

背中ニキビ跡の原因は、ニキビの炎症の影響や、ニキビが完治した後に皮膚を守ろとメラニン色素が沈着することなどが挙げられます。それらは古い角質として残り、長期的にニキビ跡に悩む原因となります。

背中ニキビ跡の種類

背中ニキビ跡には大きく分けて3つの種類に分けられます。
ニキビ跡
・赤いニキビ跡

赤く残るニキビ跡は、まだ完全に完治していない炎症が残っている状態。
放置していくと茶色いニキビ跡に進むので、この初期段階でケアすることが大切です。

・茶色いニキビ跡

シミのように茶色いニキビ跡は、皮膚を守るために生成されたメラニンが原因。
茶色く残るニキビ跡の状態は、すぐに消えることがなく長期化も考えられるので、
皮膚のターンオーバーを促して新しい皮膚組織を作ることが大事。

・凸凹ニキビ跡

大きなニキビができた、炎症が酷い、強引に潰した、などの影響で皮膚組織が破壊されて
できるのが、凸凹ニキビ跡。
再生が難しいくらいになるので、スキンケアなどで進行を防ぐことは可能ですが、
元の肌の状態に完治させるには、皮膚科や美容外科などの治療がお勧めです。

背中ニキビ跡の改善方法

・ピーリング

ピーリングとは、古い角質が残ってしまった状態を、ピーリング剤を使って落とすという角質ケア方法のことです。

ニキビ跡ができてしまった場合、ニキビ跡に定期的にピーリングを行うことで、
お肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡改善のためのケアをすることができます。

ニキビがある状態でピーリングを行うと、ニキビを悪化させてしまうこともありますので、
ニキビがないことを確認した上で行うほうが良いでしょう。

ピーリング剤は、ピーリング効果のある石鹸や美容液などを使用する方法があります。
ニキビ跡を早く消したいと思われている方の中には、ピーリング効果のある石鹸を泡立てた後、
ゴシゴシと背中を擦るようにして、できるだけ早く効果を得ようとされる方もいらっしゃいますが、これではお肌に負担を与えてしまいます。

ピーリング効果のあるものを使用する時には、お肌に負担を与えないように丁寧に扱うことが大切です。
ピーリングはお肌のターンオーバーを促すサポートをするものなので、短期間で効果が現れるというようなものではないため、
定期的に使用頻度を守りながら、じっくりとお手入れを続けていくことが大切です。

・スキンケア

ジュエルレイン皮膚のターンオーバーを活性化させるのはピーリングではなく、スキンケアでも可能です。ターンオーバーを促進させる為には、保湿成分や美容成分が配合されたものがお勧め。それらの成分は、皮膚に必要な栄養を与えて健康な状態に戻していきます。

皮膚・肌が健康な状態を取り戻せたならば、ターンオーバーが活発化されて古い角質やメラニン色素が、新しい皮膚組織に押し出されてキレイな肌を取り戻します。

特に背中は、他の皮膚よりも厚いので背中ニキビ専用のスキンケアがお勧めです。
当サイトがお勧めしているのが、背中ニキビや背中ニキビ跡でお悩みの方に人気の
ジュエルレインがお勧め。

背中の皮膚にしっかりと保湿成分や美容成分が浸透して肌を健やかな状態に戻します。

⇒ 背中ニキビでお悩みなら専用ジェル「ジュエルレインはコチラから」

サブコンテンツ

このページの先頭へ