フェイスラインにできるニキビ予防法

フェイスラインニキビ若い頃にできるニキビはおでこやほっぺ、こめかみ部分だったりすることが多いのですが、比較的年齢を重ねてからできる大人になってからできるニキビはフェイスラインにそってポツポツとできてしまうことが多かったりします。

そして顔面全体にできるニキビよりもフェイスラインにできるニキビの方が若干触れると痛みが感じられたりするのも特徴です。ふと肌に触れると痛みを感じてしまうとお洋服を着る時などにも多少違和感を感じたりするので不快感もより増したりするものです。

 

そんなフェイスラインにできる大人のニキビは、思春期などの若い頃に出来るニキビとはできる原因が若干違います。
大人になってからのニキビというのは大量の皮脂の分泌、汗を放置していたりする不衛生などからできるものよりも、体の内側からのホルモンのバランスが見られるときのサインだったりケースが大半です。

女性だとよりホルモンのバランスに変化がみられたりするので、比較的フェイスラインニキビができやすくなります。

生理周期に合わせてフェイスラインのニキビが増えてしまった、というようなこともよくあるので自分の体調に合わせてしっかりと体調を管理してできるだけ不快なフェイスラインニキビを防ぎましょう。

ホルモンのバランスを整えるためには、体温を上昇させることが大事です。
体温が少し高くなるだけで代謝がアップするので免疫力もアップし、ホルモンのバランスがだんだんと整ってくるのです。

少しずつでも体の内側のバランスが整ってくれば、フェイスラインのニキビもできにくくなるでしょう。
また生理痛などの症状も緩和したりもすることが多いので、体温管理をすることはとっても大切です。

日々自分の身体の調子を整え管理をするためにも、体温をアップさせる工夫をしながら生活をすることを意識しましょう。

体温上昇のためには、生姜たっぷりのスープなどを食事に取り入れてみたり、ヨガなどの運動を取り入れて、冷えをなくす生活をすることを心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ