鼻やオデコなど顔にできるニキビ

顔ニキビ
背中ニキビ同様によくニキビができる箇所といえば、顔です。
オデコや鼻、口周り、アゴ、頬などあらゆる顔の箇所にニキビができます。

顔にできるニキビは、思春期の頃から大人にかけてあらゆる年代にできて、
男女問わず多くの人を悩ませています。

ニキビ専用の洗顔料など多くの種類のスキンケアが販売されていることを考えると、
いかに多くの人が顔のニキビに悩まれているのかが分かります。

顔は汗をかき、乾燥もしやすく、また毛穴に皮脂が詰まりやすいので
ニキビのとって最適の場所といえるかもしれません。

顔ニキビは2種類に分けられる

顔ニキビといっても2種類に分けられます。

まずは、オデコから鼻にかけてTゾーンと呼ばれる箇所。
そして、頬からアゴにかけてUゾーンと呼ばれる箇所。
この2種類があり、ケアの方法も若干ですが異なってきます。

Tゾーンのニキビケア

まず、オデコから鼻にかけてのTゾーンは、非常に皮脂の分泌が盛んであり、
毛穴に皮脂が詰まりニキビが発生します。

根本的にニキビは、皮脂の詰まりが原因ですが、その一番皮脂が詰まりやすい箇所が、
オデコや鼻なのです。鼻のてっぺんや、小鼻などに皮脂が詰まって黒ずみができたり、
ニキビが巨大化して恥ずかしい思いをされる人が後を絶ちません。

このTゾーンのニキビを改善するには、出来る限り皮脂を取り除くことが先決。
また、皮脂を取り除いた後の保湿も重要になります。

ニキビ専用の洗顔料などを使用して、しっかりと皮脂を取り除いて、
ダメージを受けた皮膚に化粧水などで、美容成分を浸透させることによってニキビは改善に導かれます。

Uゾーンのニキビケア

鼻やオデコと違って、頬やアゴ、口周りは乾燥しやすい場所です。
Tゾーンは、皮脂の分泌が元々盛んに行なわれますが、
Uゾーンは、皮脂の分泌がそこまで頻繁ではないために、逆に乾燥肌になりやすいのです。

その乾燥を補う為に、皮脂が過剰に分泌されることがあり、
その皮脂が原因でUゾーンにニキビができます。

Tゾーン、Uゾーン、どちらも皮脂の詰まりが原因ですが、
Uゾーンにおいては、皮脂を取り除くことはもちろん、肌を保湿することが重要になります。

これもまた、ニキビ専用の石鹸などを使用して皮脂の詰まりや分泌を抑えます。
その後に、化粧水などで十分に保湿すること。これが非常に大切。

現在では、化粧水や乳液、美容液などで、コラーゲンやプラセンタなど肌に潤いを与える成分が
たくさん配合されたものがあるので、そういったスキンケアを使って、Uゾーンを保湿しましょう。

ニキビの原因を知り正しい対処を

顔ニキビ対策
顔は一番ニキビができやすい箇所。
特に皮脂の分泌に大きな影響を与えるホルモンバランスが大切になります。

このホルモンバランスは、思春期の頃の成長ホルモンが影響したり、
大人であれば、ストレスや睡眠不足、栄養不足などが影響します。
女性であれば生理なども関係してきます。

一度ホルモンバランスが崩れることによって、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビの原因となるです。
寝不足の時に、ニキビができてしまうのはそのせいなのです。

つまり、ニキビの原因である皮脂の分泌を少しでも抑える為には、
ホルモンバランスを整えることも大切なのです。

生活習慣が乱れているなと感じたならば、正しい食生活や睡眠に改善する必要があります。
思春期や生理が関係してくるならば、出来る限り生活を整えて日々のスキンケアが大切です。

顔ニキビだけでなく、背中ニキビもそうですが、改善するためには、
まずは生活習慣を整えて、毎日のスキンケアを怠らないことが大切になります。

背中ニキビが気になる方はコチラの記事を参考に。背中ニキビの治し方

サブコンテンツ

このページの先頭へ