頭皮ニキビの原因と対処法

頭皮ニキビ誰しもができたことのあるニキビですが、普段他人には見えないところにもニキビというものはできてしまいます。
その中でも自分でも発見しづらい箇所が頭皮ニキビです。

ニキビのできる原因としては、生活習慣などの乱れからできるものやストレス性のもの、多感な時期にできやすいものなど様々ですが、頭皮にできるニキビはバイ菌が原因になることが多いものであります。

それはひどくなるとできた箇所の頭皮が真っ赤になり、痛みすらも感じてしまうこともあるくらいです。痛くなるのは厄介なことですので、バイ菌対策が必要です。

頭皮にバイ菌が入ってしまう原因はたくさんありますが、まずは手で頭を掻いてしまうことです。手の平は体の中で一番使う部分ですので、バイ菌の量というものは、無数に存在してしいます。

お金などの雑菌がついたものもそうですし、スマホを触る際もバイ菌が多く付着してしまいます。
スマホなどは大体は洗えないものですから。
そういうものを触った手で頭を掻いてしまうと当然、汚いバイ菌がいっぱい頭皮に移ってしまいます。
ですから、極力手では頭は掻かないほうが良いでしょう。

しかし、我慢できずにおもむろに頭は掻きたくなる時は当然あります。
対策としては、手をしっかり洗った後や、爪などで強く掻きむしらないことなどが有効であります。

爪を使うと頭皮がとても傷ついてしまうからです。
他の原因としては、シャンプーやリンスの洗い残しやお風呂での頭の洗い方です。
シャンプーなどの洗い残しは、頭皮に良くないものとなってしまいます。

ですから、しっかりシャワーでゆっくりとこまめに洗っておきましょう。
頭の洗い方で良くないのが高温のお湯で洗ってしまうことです。

頭皮は案外とデリケートな部分ですので、ゆっくりとぬるめのお湯で洗ってあげるのがベストです。
補足で、髪を乾かす時などもドライヤーで一番強い温風ではなく熱くない程度のパワーで優しく扱うことで頭皮のニキビ予防はできます。

バイ菌によってできるニキビの他には生活習慣でできる頭皮のニキビがあります。
他の箇所にできるニキビと同様に頭皮も生活習慣でニキビができてしまいます。

ストレスを減らすことは難しいことですが、なるべくストレスを貯めない生活を心がけましょう。
また、健康な食生活や良質な睡眠などもニキビ予防に繋がります。

あとは、大人特有なことですが、お酒やタバコなどを愛用しているならば、それらをやめることでも予防になります。
アルコールやタバコの毒素を分解する働きが人間にはあります。

そこでできる老廃物がニキビができることに繋がるからです。
ニキビはどこにでもできる厄介なものですが、自分自らで対策できることがあります。
それらを心がければ厄介なニキビとはサヨナラできますので、みなさん日々の中から心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ